広告を依頼するなら

印刷

仕上がりの違いに注意

ビラやチラシと同じ意味を持つフライヤーは、広告を出すのに欠かせないもののひとつです。フライヤー印刷をするためには印刷業者に依頼するのが適していますが、印刷業者によっては所有する機材の違いやスキルによって、対応可能な分野や得意とする分野に違いがあります。依頼内容に適した印刷業者を探すのが第一です。フライヤー印刷するのにも、先ず印刷そのものに色々な種類があることを知っておくとよいでしょう。例えばオンデマンド印刷は、必要な時に必要な部数が欲しい時に向いている印刷方法で、時間がないときや少部数の印刷物に向いています。普通印刷物は数が多ければ多いほど単価が安くなる仕組みになっていますので、少部数でフライヤー印刷を依頼するのならコストの面でもオンデマンド印刷はおすすめです。反対の特徴があるのがオフセット印刷です。特に冊子物を大量に印刷したり、美しい仕上がりを求めるなら断然オフセット印刷の方がおすすめです。ただし、質の良い分単価が高くなるため、少部数の印刷物には向いていません。凝ったものやビジュアルの良いフライヤー印刷を依頼するのには適しています。他にも印刷物の大きさや折り方にも対応可能かどうかの違いがありますので、あらかじめ調べておくとよいです。また、セット割引のようなキャンペーンを展開している印刷業者もあります。タイミングによりますが、見つけることができたら利用してみるのも得策です。一番よいのは、フライヤー印刷を頻繁に行うのであれば、馴染みの印刷業者を持つことです。